特別養護老人ホームとは

特別養護老人ホームとは、地方公共団体などが運営する施設で、在宅で介護をしてもらうことが難しい人が利用する事を目的として作られました。
特に、ほとんど身体が動かなくなってしまったり、認知症の症状が見られる場合に利用する事が出来ます。入居する条件としては、原則として65歳以上であり、要介護の認定を医療機関から受けている事などが挙げられます。認定を受けた後はそれぞれの地域の地方公共団体に入居の申請を行い、必要があると認められた人から順番に入居が認められることになります。
特別養護老人ホームは、集団生活を行う事により、その症状の改善を図ることも目的としていますので、良い雰囲気の中でリハビリ活動やレクリエーション活動が実施され、充実した介護のサービスを受ける事が出来ます。また、共用スペースを積極的に利用者同士で使い、お互いのコミュニケーションを図るという事も行われています。
特別養護老人ホームでは、医師や生活相談員を中心に、利用者の安全に配慮した施設の運営を行っているために、健康状態に常に気をつけて生活する事が可能です。特に、介護職員を一般的な福祉施設に比べて多い割合で配置する事が法律により定められているため、リハビリや医療をより身近に受ける事が出来るという点でも注目されています。利用者の持つ障害や身体機能の低下に合わせた施設や、質の高い職員が配置されている施設を選ぶ事によって、より充実した老後の生活を送る事が出来るのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です