どんな職種があるのか

介護職をしている方の中には、「もっと、スキルアップをしたい」と考えている方もいると思います。スキルアップをするためには、やはり様々なタイプの施設を経験していくことも大切ですよね。そのため、「これから、特別養護老人ホームに転職をしたい」と考えている方もいるのではないでしょうか。
では、特別養護老人ホームでは、どういった職種の方が働いているのか、ご紹介しましょう。まず、特別養護老人ホームで活躍している職種としては、施設長、医師、ケアマネージャー、生活相談員、看護師、栄養士、介護スタッフ、調理師、機能訓練指導員などが活躍しています。どの職種も、経験や資格が必要となりますから、多くのプロフェッショナルが活躍していることになります。介護スタッフの場合には、介護職員初任者研修や実務者研修などの研修を修了し、資格クリアしていること。また、介護福祉士といった資格を取得していることで、転職時には有利になるでしょう。特別養護老人ホームで仕事をスタートさせ、「スキルアップをしたい」と考えている方は、経験を積みながら社会福祉士や介護支援専門員といった資格にチャレンジしていくのも良いでしょう。特別養護老人ホームで仕事をスタートさせると、様々なプロフェッショナルと一緒に仕事をすることになりますから、学ぶことも多いはずですよ。
このように、特別養護老人ホームでは様々な職種の方が活躍していることになります。「もっと、経験を積んでスキルアップをしていきたい」「自信を付けるためにも、多くの経験を積みたい」と考えている方にとっては、特別養護老人ホームでの仕事というのは魅力的な職場、希望を叶えてくれる職場となるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です