真面目に取り組めば評価される

初めての仕事は、誰でも緊張するものです。特に初心者にとって、新しい職場は未知の領域ですよね。仕事で失敗するのではないかと、恐怖心で胸はいっぱいなのではないでしょうか。
しかしその不安も、実際には取り越し苦労であるケースが多いです。特別養護老人ホームで初めて仕事を行う初心者は、なにか失敗して問題を起こしてしまうのではないかと、気がかりでしょう。失敗して入所者から叱られてしまうのではないかと懸念しているのかもしれません。確かに介護サービスを受けている人たちの中には、介護スタッフに厳しく接する方もいます。それでも特別養護老人ホームの雰囲気の中で仕事を始めてみれば、優しい雰囲気のある職場であるのが理解できるのではないでしょうか。
初めてで緊張しながら介護サービスを提供し、感謝の言葉をかけてもらえるのは感激の体験です。このような体験を、温かな雰囲気の中で重ねていくうちに、当初の誤解は解消できますよ。
不安に思うことよりも重要なのは、仕事に対する真剣な取り組みと心がけです。介護の仕事が初めてで、技術的にまだ未熟であるのは仕方がないことです。それよりも、真剣に介護の仕事に取り組んでいる姿こそが、周りの人たちからは高く評価されます。介護の仕事に真剣な人には、周りの人からも優しく接してもらえるでしょう。
こうして特別養護老人ホームでの仕事で経験を積むうちに、緊張していた初心者の頃とは異なり、積極的にテキパキと介護の仕事がこなせるようになっているはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です